Python3 - PostgreSQL(psycopg2) テーブルの作成と削除

execute メソッド で CREATE TABLE または DROP TABLE の SQL を発行します。

テーブルの作成

# psycopg2 モジュールのインポート
import psycopg2

# PostgreSQL Server へ接続
conn = psycopg2.connect('host=localhost port=5432 dbname=test user=postgres password=lilith')

# カーソルを取得
with conn.cursor() as cur:
    # テーブルを作成する SQL を準備
    sql = '''
          CREATE TABLE TestTable (
            pageNo   integer Not Null ,
            typeName VARCHAR (250),
            count    INTEGER,
            data     TEXT,
            CONSTRAINT TestTable_pkey PRIMARY KEY (pageNo)
          );
          '''

    # SQL を実行し、テーブル作成
    cur.execute(sql)

# コミットし、変更を確定する
conn.commit()

# 接続を閉じる
conn.close()

テーブルの削除

テーブルの作成と同じ要領で、DROP TABLE の SQL を発行します。
# psycopg2 モジュールのインポート
import psycopg2

# PostgreSQL Server へ接続
conn = psycopg2.connect('host=localhost port=5432 dbname=test user=postgres password=lilith')

# カーソルを取得
with conn.cursor() as cur:
    # テーブルを削除する SQL を準備
    sql = 'DROP TABLE TestTable'

    # SQL を実行し、テーブル作成
    cur.execute(sql)

# コミットし、変更を確定する
conn.commit()

# 接続を閉じる
conn.close()

サンプルコードのダウンロード

サンプルコードの実行には Python3 以上のバージョンが必要です。

検証環境

関連ページ