SQL Serverのスクリプト(Create TableやストアドのSQLファイル)をGitやSubversionでバージョン管理できるように出力

SQL Server Management Studioでスクリプトを出力するとファイル内にスクリプト生成日時が含まれるため、バージョン管理の際、邪魔になります。このスクリプト出力日時を出力をオフにする手順です。

出力日時なしでスクリプトを出力する手順

  1. ツリーメニューから対象のデータベースを選択し、右クリック > タスク > スクリプトの生成 イメージ
  2. 「次へ」をクリック イメージ
  3. 「次へ」をクリック イメージ
  4. 「オブジェクトごとに1つのファイル」を選択し、ファイルの出力先を入力

    一つのファイルに全てのスクリプトを含めたい場合は「単一ファイル」を選択します。

    イメージ
  5. 「詳細設定」ボタンをクリック イメージ
  6. 「全般」の「説明用ヘッダーを含める」を「False」にする

    このオプション設定をすることで、スクリプト生成日時がファイルに含まれなくなります。

    イメージ

検証環境

関連ページ