Windows10 - ノートパソコンの蓋(液晶画面)を閉じたときにスリープにならないようにする

WindowsノートPCをクラムシェルモード(キーボードとディスプレイを接続し、ノーノPCの液晶は使用しない)で使用する方法です。

システム設定の電源管理から、カバーを閉じたときにスリープモードにならないように設定します。

設定手順

  1. [スタート]ボタンを押します。 スタートボタン
  2. [スタートメニュー]が開くので、[歯車(設定)]ボタンを押します。 スタートメニュー(設定)
  3. [Windowsの設定]画面が開くので、[システム]を選択します。 Windowsの設定(システム)
  4. [設定]画面が表示されるので、画面左側のメニューから[電源とスリープ]を選択します。 システム(電源とスリープ)
  5. 画面右側に[電源とスリープ]画面が表示されるので、下にスクロールして[電源の追加設定]を押します。 電源とスリープ(電源の追加設定)
  6. [電源オプション]画面が表示されるので、画面左側の[カバーを閉じたときの動作の選択]を押します。 イメージ
  7. [電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化]画面が表示されるので、[カバーを閉じたときの動作]を[何もしない]に変更します。 イメージ
  8. [変更の保存]ボタンを押して設定を保存します。 イメージ

検証環境

関連ページ