SQL Server のデータを INSERT文 でエクスポートする(SQL Server Management Studio 17)

テーブルのレコードを、テキストファイルやクリップボードに、INSERT文 でエクスポートする手順です。

新しいバージョンの記事があります

エクスポート手順

  1. [SQL Server Management Studio]を起動し、対象のデータベースに接続します。
  2. [オブジェクト エクスプローラー]から、対象のデータベースを選択します。 SQL Server Management Studio
  3. 対象のデータベースを[右クリック] するとメニューが表示されるので、[タスク(T)] -> [スクリプトの生成(E)] を選択します。 スクリプトを生成(E)
  4. [スクリプトの生成とパブリッシュ(説明)]画面が表示されるので、[次へ(N)>]ボタンを押します。 スクリプトの生成とパブリッシュ(説明)
  5. [スクリプトの生成とパブリッシュ(オブジェクトの選択)]画面が表示されるので、[特定のデータベース オブジェクトを選択(O)]を選択します。 スクリプトの生成とパブリッシュ(オブジェクトの選択)
  6. エクスポートしたいテーブルを選択し、[次へ(N)>]ボタンを押します。 テーブルを選択
  7. [スクリプトの生成とパブリッシュ(スクリプト作成オプションの設定)]画面が表示されるので、[詳細設定(A)]ボタンを押します。 スクリプトの生成とパブリッシュ(スクリプト作成オプションの設定)
  8. [スクリプト作成の詳細オプション]画面が表示されるので、[スクリプトを作成するデータの種類]を[データのみ]に変更し、[OK]ボタンを押します。 スクリプト作成の詳細オプション
  9. INSERT文の出力先を設定し、[次へ(N)>]ボタンを押します。 出力先を設定
    • ファイルに保存(F)
      • 単一ファイル(G)

        1つのSQLファイルに、全テーブルのINSERT文を出力します。

      • オブジェクトごとに 1 つのファイル(E)

        テーブルごとにSQLファイルを作成します。テーブル名がファイル名になります。

    • クリップボードに保存(C)

      INSERT文がクリップボードに出力されます。

    • 新しいクエリ ウィンドウに保存(Q)

      SQL Server Management Studio 内に新しいウィンドウが開き、その中にINSERT文が出力されます。

  10. [スクリプトの生成とパブリッシュ(概要)]画面が表示されるので、[次へ(N)>]ボタンを押します。 スクリプトの生成とパブリッシュ(概要)
  11. エクスポートが開始されます。終了すると、[完了(F)]ボタンが押せるようになります。 エクスポート
  12. 出力結果

    ファイルに出力した場合 ファイルに出力

    新しいクエリ ウィンドウに出力した場合

    新しいクエリ ウィンドウに出力

検証環境

関連ページ