SQL Server - NULL を (0)ゼロや空文字などに変換する方法

ISNULL や COALESCE 関数を使用します。

ISNULL 関数の使い方

SELECT ISNULL(項目名, NULL のときに返したい値) FROM テーブル名;

COALESCE 関数の使い方

SELECT COALESCE(項目名1, 項目名2, 項目名3, ... , NULL のときに返したい値) FROM テーブル名;
ISNULL は項目を一つしか渡せませんが、COALESCE は複数の項目を渡せます。 左側から順番に値がチェックされ、最初に登場する 「NULL ではない値」が返されます。

ISNULL の使用例

SELECT ISNULL(NULL, 100);
-> 結果 = 100

COALESCE の使用例

SELECT COALESCE(NULL, NULL, 100, 200);
-> 結果 = 100

検証環境

関連ページ